未分類

毎日のスポーツ部活で黒ずんでしまった脇を改善したい

私の脇が黒い原因

小学校に入学し、小学校の部活動でミニバスケットボール部と習い事で水泳を始めました。ミニバスケットボールも水泳もユニホームは脇が見えます。

その当時はカミソリで脇の毛の処理をしていたのですが、毛の剃り忘れでぶつぶつ黒い肌とカミソリに剃り負けして赤く腫れあがっては黒く色素沈着する肌に悩んでいました。

ミニバスケットボールも水泳も成績はよく、選手として活躍していたのでユニホームを着る機会も多く、他校の選手や自分のチームメイトに脇を見せる事が度々ありました。

小学校中学年といえば、思春期です。男子の一言や周りの目がとても気になるお年頃でした。

ある日、ミニバスケットボールの地区大会のときに他校の男子からすれ違いざまに「お前、脇黒いのな。まじできもいから。」と言われていました。

次の試合のためにチームメイトと移動していたので、先輩や後輩や同期もみんな聞いていました。恥ずかしくて赤面と涙が止まりませんでした。

そのようなことがあり、脇を出すことを最小限に控えたり、試合前にはファンデーションを塗ってみたり、夏場も七分そでやカーディガンを羽織るなどして脇の露出を控えてきました。

脇の黒ずみについて調べてみると脇の黒ずみの原因は、脇が洋服などに擦れたり、短期間のサイクルで脇の毛を剃ることで肌を傷つけて肌が再生する間もなく傷つけることで、慢性的に刺激と炎症を繰り返しメラニン色素が定着してしまっていたことが原因であるとわかりました。

試した脇の美白方法

小学生の時から社会人になり結婚式をあげるまでの15年の間、肌の露出を制限したり、脇の光脱毛を行ったりして肌への刺激を最小限にとどめられるように努力してきました。

旦那さんは脇の黒ずみを私が気にしていることことを知っていたので特に付き合っているときは何も言いませんでしたが、問題は結婚式です。

挙式の時期が夏だったのでさすがにケープを羽織ったりはできず、肌を出すことになりました。光脱毛は継続していたので、脇の毛はなく肌も傷つけることもなくなり脇もツルツルで綺麗だったのですが、色素沈着だけは解消されていませんでした。

そこで、フェイシャルエステサロンの担当のエステティシャンの方に相談すると、ワックス脱毛がいいと教えていただきました。半信半疑だったのですが、とりあえず半年間契約して始めてみる事にしました。

光脱毛と違うところは痛みを感じます。例えるのならば、脇にガムテープを貼って思いっきりはがすときの痛みと似ています。2週間おきに半年続けたところ、脇の黒ずみは綺麗になくなりました。

長年脇の黒ずみに悩んでいたのに、たった半年間ワックス脱毛を続けただけで黒ずみがなくなり悩みから解放されたのです。

なんでワックス脱毛が脇の黒ずみに効果的なのかというと、ワックス脱毛を行う時に古い角質(黒ずみ)も一緒に除去してくれるのだそうです。また、こまめにカミソリで処理する必要がないから肌を傷つける事がないので炎症を起こさずに済むからだと教えていただきました。

ワックス脱毛を行うことで、脱毛もできて脇の黒ずみも解消できて一石二鳥でした。